読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームデザイナーブログ「ゲーム作りに俺の命を懸けるのは間違っているだろうか」

ゲーム業界に憧れて入社したベンチャー企業で突如500万渡されて「全部自分で作れ」なんて言われ、いきなり最難関ダンジョンに放り込まれた経験のあるゲームデザイナーほりPです!笑

Rank.4 RANK OF JOB-プランナーとディレクターとプロデューサーと-

ゲームのお仕事

こんばんは!ほりPデス☆

 

全然関係ないんですけども、最近僕がもの凄くお金を使っている、ゲームセンターのゲーム「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル〜afterSchoolACTIVITY〜」で、今対象店舗でイベントをやっていて、10回連続で遊ぶとカードがランダムでもらえるんです!

 

www.lovelive-sifac.jp

 

中身を見ずにワクワクしながら持って帰って、いざ開けるじゃないですか。

 f:id:horiyutap:20170206183716j:image

 

マキちゃんが2枚!(イミワカンナイ!)

 f:id:horiyutap:20170206183723p:image

 

さて、そんな前置きはさておき(笑)

 

ゲームで職業を決めるとき、最初は見習いの剣士なんだけどレベル上げていくと剣士になって最後は騎士団みたいな。

ようは、どういう風に成長していくのかってまず確認しますよねー。

 

今回の記事はゲーム制作のプロジェクトにおける役職についてのお話。

 

ゲームのプロジェクトには、大体上からこんな感じで偉い人がいます。

 

■プロデューサー

■ディレクター

■プランナー(ゲームデザイナー)

 

で、普通は一番下のプランナーから、順番に経験していくのがよくあるキャリアプランかなと思います。

 

んが、しかし。

僕の場合はちょっとおかしいんですねこれが。

 

僕が入った会社はゲームを作る部署がなかったので、

イチから最後まで全部やらなきゃいけなかったんです!

 

つまり、ゲームを作るってなってから、プロデューサーもディレクターもプランナーも全部僕がやりました。

 

頼もしくて男っぽいけど、たまに見せる女の子らしい一面が可愛い武道家も、

 

頭が良くて性格もキツいけど、実は僕のことを気にかけてくれている可愛いツンデレな魔法使いも、

 

昔から僕のことが好きで、それでも修行の身だからとその気持ちを心に封じている可愛い巨乳の僧侶も、

 

誰もいないんですよこれが!!!!!

 

うん、最初のスライムで死ぬよね。

 

茶番はさておき、僕が経験したこの三役のお仕事を、とりあえず僕なりの分け方で書いてみます。

 

■プロデューサー

お金と人との管理。ゲームの全ての決定をする人。

プロジェクトの中で一番偉い人。

 

僕の場合はまずメンバー集めからスタートしました。

 

フロントエンジニアとサーバーエンジニアとグラフィックデザイナーとUIデザイナーとサウンドクリエイターと・・・

 

このメンバーをスカウトしたり、開発予算の確保とどうやって使うか、作り始めたらゲーム全体を見て、こうしろああしろ決める人がプロデューサーかなぁと。

 

もちろん決定権があるということは責任があるということ。

利益がでないと怒られます。

お金を出してくれる社長なり、会社のオーナーなりと戦う(喧嘩する)立場です(笑)

 

■ディレクター

良いゲームを作る使命を与えられた人。

中間管理職みたいなポジション(笑)

 

僕の場合は自分の中に宿るプロデューサー(理想)と、その下にいるプランナー(現実)とで脳内バトルを繰り広げてました。

 

そして、ゲーム開発の現場を一番間近で見る人です。

プロデューサーが言う理想やノルマを、いかに実現していくかになるかなぁと。

「2月はDAU(その日ゲームを遊んだ人の数)強化(増加)しようか」というプロデューサーの指示をうけ、「DAUあげるためにイベント開催しよう」と現場に伝えるようなイメージです。

 

あとは、プロジェクトのメンバーのモチベーション管理なんかもやったりします。(今日は飲みにいこー!!

 

ちなみに良いゲームとは「面白くて、”売れる”ゲーム」のことだと思ってます。

 

■プランナー(ゲームデザイナー)

ゲームを面白くするためだけに生まれた人。

あと、なんでも屋さん。

 

僕の場合は一人なので”なんでも”なんでも屋さんだったので、いまいちイメージしにくいのですが、やるべきことはたくさんあります。

 

例えば先ほどの例を参考にすると、イベントの中身(仕様)を考えてそれをまとめたりという仕事があります。

 

他にも、指示書をかいてイラストレーターに渡したり、はたまた会議の議事録を作ったり、プロデューサーのコーヒー入れたり(いや、ただプロデューサーの自分が飲みたかっただけ)。レベルデザインなんかもプランナーの仕事ですね!

 

とにかくなんでも屋さん。やることは本当に多種多様。

でもそれは、とっても素晴らしいことなんだぜ!!!(何がだよ!説明はまたいつか。

 

 

以上です。

 

ちなみに、何度もいいますが僕の雇われた会社はゲームを作ったことがないので、もちろんイラストを描ける人や音楽が作れる人は一人もいません。全て外部に発注をしました。

 

この発注させていただいた方々は僕が全てスカウトしたのですが、この話も絶対いつかしたい!!本当にお世話になりすぎてお一人ずつご紹介したい!

それくらい頭があがらないです!m(_ _)m

 

と、本当はもっと詳しく仕事がありますので、ちゃんとした知識は自分で調べていただけると幸いです!

あくまでも、一人三役のほりPが経験した仕事でございますです。

 

こんな感じで、今回は終わりますよ!

上の勇者のパーティだと僕はおっぱいの大きい僧侶がタイプです!(知るか

f:id:horiyutap:20170206180718p:plain

 

最後までご覧いただきありがとうございました◎

また次回もお楽しみにしてくださいませ!

 

f:id:horiyutap:20170205161501p:plain

■□ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:horiyutap:20170205161534p:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー□■